ハロウィン

ハロウィン

ハロウィン

ハロウィン(コラージュ)

開催場所

昭和記念公園みんなのはらっぱ、または西武園遊園地にて行います。

趣旨

ハロウインは本来 秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りです。
語源は、Hallow(神聖な) + een ( even = evening )
子供たちが外国の文化を学び、英語力が伸びてくれることを願って毎年行っています。

ハロウインD

ダースベーダーはだれかな?

ハロウインE

昭和記念公園みんなのはらっぱ。みんな1年生。

ハロウインF

エリック先生と。

ハロウインの日程

正確には11月1日がキリスト教の万聖節(死者の魂が返ってくる日)にあたり
それを祝う前夜祭から2日前までをハロウインと呼んでいます。
10月31日がハロウインのイヴに当たります。
当スクールでは、10月後半から11月は中高生のテスト期間であり、また、
クリスマス発表会までの期間がないため、開催時期を早めにし、10月中旬までに行っています。

どうして仮装するの?

ハロウインの日には、死者の魂だけでなく魔物もこの世にやってくるとされています。
その時、魔物に魂をとられないように、人間も魔物の格好をします。

ハロウインA

 

ハロウインB

 

ハロウインC

 

ジャックオーランタン=Jack-O’-Lantern(おばけかぼちゃ)

大きなかぼしゃをくりぬいて、様々な顔を作り、中にキャンドルを立てて、夜の灯りにします。
ヨーロッパや、アメリカの家々のアプローチに、このジャックオーランタンが並んで、とてもきれいで雰囲気を出しています。
ジャックという老人がこの灯りをもって、この世とあの世の間をさまよっているといわれています。
このお話の詳細は、ハロインの時期に各教室で先生が語ってくれます。

Trick or Treat (トリック オア トリート)

「お菓子をくれないといたずらするぞ」 という意味です。
各家々をノックして、 子供たちがこの言葉を言います。
各家庭では、この日のために たくさんのキャンディーやチョコレートを用意しておき仮装している子供たちにあげます。
ブルーベアースクールのイベントは 広い公園の中で行います。
いろいろなコスチュームに扮した先生たちが 各ポイントに待っています。
ポイントを見つけて、「Trick or Treat」 だけでなく 先生たちの様々な英語での質問に答えなければなりません。
このイベントの前には、各教室のレッスンの中で、ハロウインソングに加えて、さまざまな英会話表現を練習し、このパーティーに備えます。

トリック オア トリート